みかん点滴潅水設備 修復完了

昨年の台風被害で土砂崩れの下敷きとなった点滴潅水設備の修復作業が終わりました。

点滴潅水とは?

点滴の様にポタポタと落ちる潅水によって、既存のスプリンクラー潅水より少量で効率的に水やり出来る施設です。みかんの土壌水分を効果的にコントロールすることが出来ます。

昨年の台風で直径2mもある岩の下敷きとなり見事粉々になったのですが。何とか今年の育成までに修理間に合いました。

途中ユンボのエンジンが壊れエンジン載せ替えたり、崩落した壁がこれ以上被害拡大しない様にコンクリートブロックを積み上げたりと、かなりの障害を乗り越えより良くなって完成。はぁー

あ、作業はほぼ瀧本農園家族だけでやりました

  
潅水と同時に液肥を入れたり、必要な時期に長期的に水やりを出来たりと、みかん栽培にとってかなり!ナイスなやつです

効果的に使用して、もっと美味しいみかんを育てますよー。

ちなみに、この点滴潅水とマルチシートを合わせた栽培方法をマルドリ栽培といいます。

当園の樹はまだまだ若いのと、水はけが良すぎるため。根の保護のためにマルチはまだ導入していないですが、状態を見ながら試験栽培にも取り組みたいと考え中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です